ここからページの本文です

ホーム > おすすめ観光コース > 川に囲まれた町-富山

おすすめ観光コース


川に囲まれた町-富山

富山城下は神通川、いたち川に囲まれた町。町に関わりの深い川をたどります。
富山城
半日コース
富山城
富山城の守り「神通川」
江戸時代、神通川は富山城の西から北を大きく蛇行して流れていました。神通川は城を守るための重要な役目を担っていたのです。
船橋を描いた版画
船橋を描いた版画
名所船橋、名物鮎のすし
佐々成政が富山を去った後、富山城に入城した前田利長は、城下を整備し、船渡しを船橋に改めました。立山連峰を背景として、神通川の流れに大きく湾曲した雄大な景観は、全国的な名所として知られました。現在も、両岸に設けられていた常夜灯が残っています。

常夜灯
常夜灯



船橋の南詰にあった茶店では鮎のすしを売っていて、名物となっていました。明治時代になると鱒が用いられるようになり、現在のような全国的に有名な「鱒のすし」となったのです。
松川べり彫刻公園
松川べり彫刻公園
賑わう松川べり
大きく蛇行する神通川は、たびたび氾濫したため、明治時代以降、河道を付け替える工事が行われ、現在の流れとなりました。松川は旧神通川の名残です。

松川遊覧船
松川遊覧船






現在、松川には遊覧船が行き交い、岸辺には彫刻公園が整備されるなど、憩いの場として多くの人に親しまれています。

磯部堤の桜並木
磯部堤の桜並木
いたち川
いたち川
いたち川をめぐる人々
松川が合流するいたち川は、常願寺川を水源としており、江戸時代までは富山町の東の端となっていました。佐々成政も改修を行ったといわれ、これまで多くの人を魅了してきました。
雪見橋は江戸時代「大橋」と呼ばれ、北陸道が通っていました。文人画家池大雅は、この橋から見た雪の立山を描いたといわれ、「雪見橋」の名称の由来となっています。また近年では、宮本輝の芥川受賞作「蛍川」の舞台ともなっています。
石倉町の延命地蔵霊水
石倉町の延命地蔵霊水


水害の多かった「いたち川」縁りには、亡くなった人の霊を慰めるため地蔵尊が多くあります。中でも、石倉町の延命地蔵の手水は万病に効く霊水として、毎日多くの人が訪れています。
体感スポット
富山市郷土博物館
  (富山城
佐々成政や富山前田家ゆかりの富山城の歴史に触れる
徒歩徒歩約10分
木町の浜
徒歩徒歩約15分
常夜燈
古き神通川をしのばせる「常夜燈」


徒歩徒歩約5分


松川
「日本桜の名所百選」にも選定された県内屈指の桜の名所


徒歩徒歩約10分


松川べり彫刻公園


徒歩徒歩約10分


雪見橋


徒歩徒歩約5分


石倉町地蔵尊
ルートマップ
ルートマップ

ここからコンテンツメニューです

観光情報
  • ジャンルでさがす
  • マップでさがす
  • 動画でみる

いつでもどこでも富山の最新情報をキャッチ!