ここからページの本文です

ホーム > 歴史・文化 > 牛嶽大明神社祠

観光情報:ジャンルでさがす

歴史・文化牛嶽大明神社祠(うしだけだいみょうじんじゃほこら)

牛嶽大明神社祠

祠からは、立山連峰、能登半島、砺波の散居村が一望できる。

標高987mの牛嶽山頂に建っています。牛嶽は、大国主命が牛に乗って登られた山であることからその名が付けられたと言われています。祠には牛に乗った大国主命が御神体として祀られています。この御神体(牛嶽大明神)は、貞享年間以前と考えられ、座牛の背に座した大国主命の石像。平成3年11月に山田村指定文化財に登録。毎年5月中旬、神事による夏山の安全祈願に山開きが行われます。また、6月6日には、五穀豊穣を願い牛嶽例大祭が行われます。

お問い合わせ
富山市山田総合行政センター産業建設課
TEL.076-457-2119
所在地
 
交通情報
■車の場合
富山西ICから車で50分

ここからコンテンツメニューです

観光情報
  • ジャンルでさがす
  • マップでさがす
  • 動画でみる

いつでもどこでも富山の最新情報をキャッチ!